ばってんきつねの小部屋

ロックと酒とポメラニアン。それに自転車

ロキシー・ミュージックからだった。

ボクが、ニール・ヤングを聴いたのは中学生の時、”WOODSTOCK"。
イメージ 1

これ大好き。でも、『孤独の旅路』で、あれ?って。
フォークの人だったんだ?って思って、その後ご無沙汰。



ところが、ジョニー・ロットンのことを歌ってるってので、気にすると、カッコいいでないの🎵って。でも、そこまでだった。

だけど、ある日、ロキシーがこれを発表した。

イメージ 2



ライブのミニアルバムで、収録曲はこの4曲。

イメージ 3



特に、B面。カッコいい🎵
と思ったら、なんと“like a hurricane”にニール・ヤングの名前が!

ほう、ニール・ヤングかい!やっぱ、カッコいいなぁ~、ってことで、これ。

イメージ 5



ニール・ヤングにしばらくはまりました。

ちなみに、ロキシーの2曲目のジョン・レノンの『ジェラス ガイ』。
これもロキシーだった。

イメージ 4