ばってんきつねの小部屋

ロックと酒とポメラニアン。それに自転車

藤田嗣治展と世界を変えた書籍展

藤田嗣治展を見に、東京美術館に行った。
駅でチケットを買って、会場に着いたのは、開場まで10分足らず。
すでに100人ほどが開門を待っていた。
まぁ、これならすぐに入れるからいいタイミングだ。

イメージ 1

とてもスムーズに入館できたけど、会場内はあっという間に人の波に。
まぁ、人気の展覧会ではよくあること。だから、そんなこと気にしてられないぜ!

それにしても、自画像、人物画、裸婦、風景画、静物画、戦争記録画、宗教画といろんな絵を描いた人なんだなぁ。さらに、自分で額を作っちゃうし、奥様へのプレゼントに木箱を作ったり、ワイングラス作ったり。素晴らしい!

で、一番有名な裸婦画の頃よりも、ボクは、自画像とか風景画、静物画とかの方がいいな。

けっこうな作品が展示されていたので、見終わるまでに2時間ほどかかった。

イメージ 2

缶バッジを買って、開場を出る。

イメージ 8

さて、次は赤坂へ行こう!と思って歩い、駅に向かって歩いていたら、『世界を変えた書籍』展のポスターが目に入ってきた。無料だって!
じゃ、行きましょう!
イメージ 3

中はこんな感じでディスプレイされてた。
イメージ 4
なかなかの迫力です。

いろんな本が適当に開かれてショーケースに飾られていた。
イメージ 5
これは、蒸留施設なんだってさ。

展覧会を2つも見ると、次に行く気力が失せる。
しかも、もう1時近いからお腹も空いてるし・・・。

赤坂に行くのやめて、もうなんか食べようっと♪

さっそく東上野に向かうと、パンダがボクを見ていた。

イメージ 6


で、お昼。
イメージ 7

ホッピーセットをオーダーし、つまみは名物の餃子と貝ひものチャンジャ。それに蒸し鳥のサラダ。このサラダが結構な量で、お腹もいっぱいになる。

ここは、ナカを頼むと、ヤカンに入った焼酎をテーブルで注ぐのだが、客がストップするまで注いでくれるので、美味しく飲める♪ソトを1回、ナカを何回かお替りして、店を出る。

歩いていると、今度は、ハイボールが安い、たこ焼き店系の居酒屋があったので、入る。
ハイボールと焼き鳥と厚焼き玉子をオーダー。

これでもう、お腹がいっぱいです。

もう家に帰ることにした。